消費者金融審査は債務整理や自己破産があると通らない?

MENU

消費者金融審査は債務整理や自己破産があるけど...

消費者金融の審査では、債務整理や自己破産などの履歴があると審査に通らないといいます。

 

債務整理や自己破産をするということは、金融機関側にとっては貸したお金が返してもらえなくなり損失となります。無担保・保証人なしでお金を貸す消費者金融の審査において重要なのは「貸したお金をきちんと返してくれる人かどうか」ということ。一度債務整理や自己破産をした人はもう一度同じことをやる可能性も高いため、金融機関としてもお金を貸したくないのです。

 

なぜ債務整理や自己破産をしていることがわかってしまうのか、それは、審査の際に必ず個人信用情報期間で信用情報の照会を行うからです。債務整理や自己破産を行なった場合、信用情報には「異動」と記載されてしまいます。そのためこの記載がある方は、記載されている期間内はカードローン審査にほぼ通らなくなってしまうのです。

 

もしも債務整理や自己破産の履歴があるけれども新たにお金を借りたくなった場合にはどうしたらいいのでしょうか。実はこの履歴というのは一生記載されているというわけではありません。債務整理の種類や信用情報機関によって、情報の登録されている期間が決まっています。

 

日本では現在、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)と信用情報機関が3つあります。

 

【株式会社日本信用情報機構(JICC)の場合】

 

債務整理・破産申立
…当該事実の発生日から5年を超えない期間

 

【株式会社シー・アイ・シー(CIC)の場合】

 

異動(延滞・保証履行・破産)
…契約期間中および契約終了後5年以内

 

【全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合】

 

延滞・代位弁済など
…契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年を超えない期間※債務整理についての記載はないものの銀行は任意整理の通知を受けますと保証会社から代位弁済を受けることがあります。

 

官報情報
…破産手続き開始決定等を受けた日から10年を超えない期間

 

このように、債務整理や自己破産は5年から最長10年経たなければその履歴が消えることがありません。しかし逆に、この履歴が消えればまた普通にカードローン審査にも通るようになります。いつ履歴が消えるのかがわからないという方は、信用情報機関に開示請求を行なって自分の信用情報を確認してみるといいでしょう。

 

注意していただきたいのが、債務整理や自己破産を行なった金融機関と同じ、もしくは同系列で新たに申し込みをしないことです。信用情報からは消えたとはいえ、自社やグループ会社内であれば事故の履歴は残っている可能性が高いからです。