消費者金融審査一覧ランキング

MENU

大手消費者金融の審査が即日融資に向いているわけ

お金がない、今すぐ借りたいというときに最も頼りになるのが消費者金融でのキャッシングです。とくに即日でお金を借りたいという場合には、消費者金融、なかでも銀行系の大手消費者金融がおすすめです。

 

なぜ大手消費者金融は即日融資に向いているのでしょうか?

 

審査が早い

即日融資において最も重要な要素は、審査が早く終わることです。例えば『即日融資可能』というカードローンがあったとしても、そこで借りれば必ず即日で借りられるという保証があるわけではありません。審査にかかる時間にも違いがあります。そのため、審査にどのくらいの時間がかかるかわからない以上、できるだけ審査が早いところで借りることが即日融資においては重要となるわけです。

 

審査時間の目安として、そのカードローンの最短審査時間が表記されていますが、それはあくまでも「最短で借りられた場合」です。乱暴な例えでいうならば、10人即日融資を希望していて1人しか即日融資が受けられない審査に時間のかかるカードローンも、10人即日融資を希望して9人即日融資が受けられる審査の平均的に早いカードローンも、どちらも「最短即日融資」です。それでしたら、平均的に審査が早いカードローンに申し込みをしたいですよね?

 

大手の消費者金融の場合、審査時間は最短30分というところがほとんどとなります。実際のところ30分で借りられるのか?と疑われる方もいらっしゃるかもしれませんが、口コミを見てもほんとうに30分ほどで借りられている方も少なくありませんし、「ほんとうに早かった」という声が多く見られます。

 

誰もがこの速さで借りられるわけではありませんが、それでも申込から2~3時間程度で借入できている方が平均的に多いです。そのため、今すぐお金を借りたい、という場合には大手消費者金融がおすすめなのです。

 

融資方法が複数用意されている

即日融資のカードローンといっても、24時間即日融資に対応しているわけではありません。急にお金が必要になっても、即日融資に対応している時間でなければその日中にお金を借りることができなくなってしまいます。そのため、できるだけ即日融資に対応している時間が長いところを選ぶ必要があります。

 

一般的に、即日融資の融資方法というのは振込による融資です。しかし振込は基本的には銀行があいている時間内でしか行われませんので、平日の9時~15時の間で振込がされなければその日のうちにお金を借りることができないのです。しかし、銀行営業時間内での振込融資以外にも融資方法があるカードローンでしたら、その時間を過ぎてしまっても即日融資が可能です。

 

ローンカードは通常申し込み後に郵送という形になりますが、そうしますと数日は確実にかかってしまいます。しかし、自社の自動契約機が全国に設置されているカードローンでしたら、自動契約機に来店してローンカードをその場で発行することができます。自動契約機の営業時間は業者や設置場所により異なりますが、長いところですと22時まで営業しています。

 

つまり、自動契約機での即日カード発行が可能なカードローンであれば、当日振込の時間が過ぎてしまってもまだまだ即日融資の可能性があるというわけです。大手の消費者金融であれば自動契約機がありますので、やはり即日融資においておすすめである、というわけです。

 

審査が比較的柔軟

審査スピードが早くとも、審査に通ることができなければ即日どころか融資を受けることができません。特に即日でお金を借りたいと急いでいる場合、一つのところで審査に落ちてしまったら次に申込をしてもその日のうちに借りられる可能性は低くなります。ですので、急ぎでお金が必要な場合には、比較的審査に通りやすいカードローンを選ぶ必要があるのです。

 

即日融資をおこなっているカードローンには銀行カードローンもあります。金利も低くてたいへん魅力的ではあるのですが、審査は比較的厳しい傾向にあります。

 

対して消費者金融のカードローンは、審査が甘いということはありませんが銀行よりは比較的柔軟と言えます。こうした理由からも、消費者金融カードローンは即日融資に向いていると言えるのです。

 

大手消費者金融はこのほかにも、スマホやケータイによるインターネット申込など利便性にも長けていて、広く多くの方が利用しやすい環境が整っています。そうしたことなどを総合的に判断して、やはり今すぐ借りるなら大手消費者金融がおすすめなのです。

 

消費者金融審査はなぜ早い?

消費者金融の審査は仮審査や事前審査であれば最短10秒や、なかには最短1秒なんていうところもあります。審査全体での時間としては最短30分程度のところが多いですが、なぜ消費者金融の審査は早いのでしょうか?

 

それは、競合他社との顧客獲得競争があるからなのです。一人でも多くの顧客を獲得しようと各社間で熾烈な争いとなっています。カードローンを利用する方の多くは融資を急いでいる方ですから、審査スピードがより早いところは人気を集めるのです。

 

ではなぜこのように早い審査を実現することができるのでしょうか。それは、コンピューターで自動的に審査をしているからです。申込の際に入力した勤務先や収入、家族構成などそういった情報を点数化して基準値に達していれば審査通過、達していなければ審査落ちというように自動的に判断しているからなのです。

 

各社で多少の違いはありますが、この「属性」審査では、次のような項目により審査を行っています。

  • 年齢
  • 職種
  • 勤務先
  • 健康保険の種類
  • 勤続年数
  • 年収
  • 居住年数
  • 住居形態
  • 家族構成
  • 電話の種類

 

ただし、消費者金融の審査がこの自動化された審査だけで終わるわけではありません。審査は「属性」のほか、「個人信用情報の照会」も行います。個人信用情報というのは、銀行や消費者金融、クレジットカードなど金融機関でのすべての利用履歴・情報のことで、金融機関が共有化して融資審査の際に照会できるようになっています。

 

どこでいくらの借入があるのか、返済の遅れが何回あるのか、債務整理や自己破産はしていないか、そういった情報がすべて一定期間登録されており、照会すればすぐにわかるようになっています。

 

また、勤務先への在籍確認や、本人確認書類や収入証明書での事実確認も行われます。申込内容との相違はないか、チェックが行われるのです。こうした審査結果をもとに、最終的には融資担当者が最終的な判断を行います。審査が自動化されているとはいえ、最後に融資の可否を決めるのは人間なのです。

 

消費者金融は、これまでの膨大な融資実績により独自の審査ノウハウを持っています。そしてそれが自動化された属性スコアリング審査を可能にしています。このノウハウを生かして、無担保・保証人なしの融資をこれだけスピーディーに行うことができるのです。

 

消費者金融審査は甘いのか?

よく、「消費者金融は審査が甘い」などと言われることがあります。審査の甘い消費者金融として大手の消費者金融がランク入りしているなんてこともありますが、結論から言って、消費者金融の審査が甘いということはありません。

 

改正貸金業法の改正により、消費者金融の審査はむしろ厳しくなったと言ってもいいくらいです。というのも、改正貸金業法では返済能力を超える借入の抑制のため、指定信用情報機関の信用情報を利用した返済能力調査や年収の3分の1を超える貸付けの禁止などが定められました。審査の結果、返済能力がないと判断される場合には融資ができないと法的に定められているのです。

 

とはいえ、金利の低い銀行カードローンなどと比べれば、金利が高い分審査は比較的柔軟とは言えます。他社からの借入がなく、パートやアルバイトなどでも安定して年収が50万円以上あるようでしたら融資額は少なくても審査に通る可能性は高いでしょう。

銀行と消費者金融審査の違いはココ

銀行カードローンと消費者金融ですと、銀行カードローンのほうが審査に時間がかかる傾向にあるといいます。

 

なぜこのような違いが出るのでしょうか?
銀行と消費者金融、審査の違いはどこにあるのでしょう?

 

金利による審査難易度の違い

カードローンでは、基本的に、金利と審査の難易度は反比例するといわれています。金利が低ければ審査が厳しく、金利が高ければ審査が柔軟になるというのです。審査が厳しい、ということは、その分お金を貸す人を慎重に選んでいるということになります。信用力の高い人にお金を貸すことで、貸したお金が帰ってこないというリスクが少なくなり、その分金利を低く設定することができます。

 

カードローンでは利息がそのまま収益となるわけですが、貸したお金が返ってこない場合、その補填もそこから行われます。金利が高いカードローンであればその分利息収入は多いわけですから、多少審査を柔軟に行っても赤字になりませんが、金利が低いカードローンですとそうはいきません。

 

銀行カードローンと消費者金融の審査の難易度の違いは、こうした点からもきているわけです。

 

審査の構造の違い

銀行カードローンの場合、利用条件に「当行の指定する保証会社の保証を受けられる方」という文言が入っています。

 

銀行は、銀行の審査と保証会社の審査、二重の審査を受けなければならないのです。そのため、自社のみで審査を行う消費者金融と比較して、どうしても審査に時間がかかる傾向があります。

 

審査スピードの違い

即日融資のカードローンは消費者金融だけでなく、銀行カードローンにも数多くあります。しかし、その審査スピードは同じではありません。消費者金融の審査時間が最短30分など非常にスピーディなのに対して、銀行カードローンの審査時間は「最短即日審査」という表記の所が多いです。

 

では実際にはどうなのか?といいますと、やはり口コミでみても、大手の消費者金融では2~4時間程度で融資を受けられている人が多いのに対し、銀行カードローンは2営業日程度かかるケースが多いようです。もちろん、実際に即日で融資を受けられている方も多くいらっしゃいますが、平均的にみるとやはり大手消費者金融のほうが審査スピードは早いです。

消費者金融審査は勤続年数半年未満だと通るのか

カードローン審査において、実は勤続年数というのはとても重要視されるといいます。なぜ勤続年数?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、カードローン審査で重要視しているのは、「貸したお金をきちんと返してくれるかどうか」という点です。

 

つまり、勤続年数が長いということは今後も安定した収入が入ってくる可能性が高い、安定して返済してもらえると判断されるからです。

 

逆に勤続年数が短いと、職場になじめずに転職してしまったりという可能性もありますし、今後返済していく上で安定した収入という点で不安があります。そのため、勤続年数で審査に落ちてしまうこともあるのです。

 

では、勤続年数はどのくらいあればいいのでしょうか。一般的には、5年以上になりますと審査に有利となりますが、とりあえず1年以上あれば合格ラインと言われていますし、半年以上あれば審査に通るというところもあります。

 

しかしパートやアルバイトの方の場合、勤続年数が半年未満という方は少なくないですよね。学生アルバイトで勤続年数が3ヶ月程度…なんていう方も消費者金融を利用する方にはけっこういらっしゃるかと思います。比較的審査が柔軟と言われる消費者金融でも、勤続年数は半年未満だと通らないのでしょうか。

 

実はこの「勤続年数が半年以上あれば〜」などといった審査基準は各社によって異なります。そのため、なかには半年未満でも、他の審査項目が足りていれば審査に通る場合もあります。

 

基本的には「半年以上」が最低ラインとしているところが多いですし、厳しいのには変わりありませんが、勤続年数の審査でのウェイトが低いところを探して狙ってみるといいかもしれません。また、もしも今すぐにお金が必要というわけではないのでしたら、勤続年数が半年経つのを待ってから申し込みをすると、審査に通る可能性は今よりも高くなるでしょう。

消費者金融審査は借入件数4件あるけど...

消費者金融の審査では、借入件数があまり多いと審査に通りません。他からも借金をたくさんしている人が審査に通らないというのは、なんとなくわかりますよね。でもここで注目していただきたいのが、「借入額」ではなく「借入件数」であるという点です。

 

なぜ借入額ではなく借入件数のほうが重要なのか?それは、「1社からそれだけの額を借りられない信用状態」と判断されるからなのです。

 

もしも100万円の借入額があるとして、

 

  • 1社から100万円を借りている人
  • 4社から25万ずつ合計100万円を借りている人

 

どちらのほうが信用力が高いと思われますか?

 

前者は1社から高額な融資を受けられているという印象を受けますが、後者は1社から25万円までしか借りることができずいろいろなところで借りていると感じますよね。

 

いろいろなところで借りているうえにさらにこちらでも借りようとしているとなると、他社の借金の返済のための借入ではないか?そのまま貸し倒れになってしまうのではないか?と返済能力に不安があると判断されてしまうのです。

 

合計としては同じ借入額でも、1社から高額な借入ができる人のほうが信用力は高いと判断されます。これが、新たな融資審査の際にも審査の判断材料となってくるのです。

 

では借入件数は何件までなら審査に通るのでしょうか。審査基準には各社で違いがありますし、借入件数だけで審査をしているのではなく総合的な判断になりますので一概には言えませんが、一般的に、借入件数は3社までと言われています。

 

では4社以上借入があると審査に通らないのか?といいますと、前述したように審査基準に違いがあるためそれでも他の属性が基準を満たしていれば審査に通る可能性はもちろんあります。しかし、4社、5社と増えていくにつれ、審査は確実に厳しくなっていくのは確かです。

 

対策としては、

  1. 残高が少額な借入から優先して返済をして完済実績を作る
  2. 可能であれば新たに借入をするのではなく増額してもらう
  3. おまとめローンを利用する

 

こうしたことを行うことで、借入件数を減らすことです。
借入件数が多いと1社1社の金利も高くなりますし、月に何度も返済日があります。
また他社から新規の借入もしづらくなるなどメリットがありません。

 

借入の際には借入件数が増えないよう、また増えてしまったらすぐにおまとめするなど早め早めで対策をとっていきましょう。

消費者金融審査は短期間に複数申込がある場合

消費者金融の審査を受けるのに、「もしも審査に落ちてしまったらどうしよう…」と同時に何社か申込をしてしまう方がいらっしゃいますが、実はこれ、審査においてはNGなのです。

 

なぜ複数申込をしてはいけないのか?といいますと、短期間に複数申込を行うということはよっぽどお金に困っている方、つまり、お金を貸しても返済の見こみが低くリスクがあるのではないかと判断されてしまうからなのです。

 

例えば自分がもしも人にお金を貸すと考えてみてください。例えば、自分にだけお金を貸してと言ってくる人と、いろんな人にお金を貸してと言っている人、どちらが信用できますか?と聞かれたら、おそらくほとんどの方が前者を選ぶでしょう。ローン審査もこれと同じです。

 

また同時ではなくても、審査に落ちるなどして短期間で複数社の申込履歴がある場合には審査に不利になってしまいます。他社での審査に落ちるということは、審査で落ちてしまうレベルの信用力である、と考えられてしまうからです。他社で断った人にうちだけお金を貸すのはリスクが高いから避けたい、というわけですね。

 

申込履歴は信用情報に記載されていますので審査の際に信用情報機関に照会することですぐにわかってしまいます。そのため、審査に落ちてしまって次々に申込をして…なんてことになりますと、どんどん審査に通りにくい状況になってきてしまいます。これを申込ブラックといいます。

 

では具体的に何社までならOKなのでしょうか。審査基準には各社で違いがあるため一概には言えませんが、一般的には3社までと言われています。ですので、「とにかく金利の低いところで借りたい!」などと審査が厳しい低金利カードローンばかり申込をしていますと、すぐにも申込ブラックに陥ってしまいますから注意してください。

 

信用情報の申込履歴の登録期間は6ヶ月です。6ヶ月経てばこの履歴は消えますので、逆にいえば6ヶ月の間に3社以上の申込とならないよう、注意しましょう。

消費者金融の審査に落ちてしまったら?

消費者金融審査に落ちてしまった!
そんなときにはどうしたらいいのでしょうか。

 

急いで次に借りられるところを探して申込をする、その前に、一度なぜ落ちてしまったのか?を考えてみましょう。見直しをすることで次も同じように審査に落ちてしまう可能性を低くすることができるかもしれません。

 

借入件数が多すぎないか?

借入件数が多い場合には次に申込をしても審査に通らない可能性があります。可能であれば今借りているなかで増枠してもらうか、残債の少ないものから完済してしまって借入件数を減らしてから再度申込をしましょう。

 

借入額が年収の3分の1を超えていないか?

消費者金融では年収の3分の1を超えた借入はできません。他社の借入を含めた額がこれを超えてしまってはいないでしょうか?どうしてもこれを超える借入を希望しているのであれば、総量規制の影響を受けない銀行カードローンで申込をしましょう。

 

勤続年数が不足していないか?

一般的に、勤続年数は1年が合格ラインと言われています。最近では半年程度でも通るようですが、不足している場合には半年、1年経ってから申込をしたほうがいいでしょう。

 

短期間に複数社申込をしてしまってないか?

短期間に複数社申込をしてしまいますと申込ブラックと呼ばれる状態となり、それだけで審査に落ちてしまう場合があります。もしもすでに3社以上申込をしているというのでしたら、申込履歴が信用情報から抹消される6ヶ月を超えてから再度申込をしましょう。

 

信用情報がブラックではないか?

延滞や債務整理、自己破産など信用情報がブラックの状態ではありませんか?もしそうでしたら、情報が登録されている期間は審査に通るのが難しいです。信用情報から履歴の消えるまでには5年〜10年と長い期間がかかります。

 

以上のような点を見直してみてください。
そのうえで、大手の消費者金融ではもう厳しいというのでしたら中小の消費者金融を検討してみましょう。

 

中小の消費者金融は大手で借りられない方を対象としているところがあります。ただし、中小の消費者金融を利用の際には、「無審査」や「ブラックOK」などといったいかにも怪しいところを利用してしまわないよう、注意してください。